• iPhoneブログのタイトル
  • iPhoneブログNo.28
    【本日発売】
    あなたはiPhoneSEを買うべきか?

投稿 : 2016/3/31

【本日発売】
あなたはiPhoneSEを買うべきか?

買いか?待ちか?iPhone SE

ついに発売iPhoneSE

本日3/31、ついにiPhoneSEの発売が開始された。先週24日の予約販売スタートで事前に申し込みを済ませていたユーザーが本日新型iPhoneを手にすることとなった。64GBの端末は全国の販売店で在庫切れとなり4/11渡し分の予約待ちの状況となっており、16GBに関してはまだ在庫が残っている店舗が多いとのこと。

今回のiPhoneSEは今までのiPhone新シリーズの発表に比べると地味で盛り上がりに欠けるという印象は否めない。というのも、Appleは常に新型iPhoneに他のスマートフォンでは実現しえなかった最新鋭の技術を搭載してきた。

しかし今回のiPhoneSEは、スペックでいうとiPhone6sと同等、かつ3D Touchを含む一部機能は非搭載ということで、現時点で「最新」ではあるものの「最高」のiPhoneという訳ではなく、型落ち品の感が否めないのは事実。

中高年の男性からは好評価

中年男性層の評価が高いiPhoneSE

新型iPhoneが発表された際に事前予約を済ませ、発表当日の店舗に列をなすユーザーは、従来であれば高学歴・高収入でガジェット好きの「ギーク」な層が多い傾向にあるのだが、iPhoneSEに関しては少し事情が違う部分がある。

今回のiPhoneSEの購買層は40〜50代の男性ユーザーが比較的多く、若年層や女性の予約者の割合が少ないという結果になっているという。その理由としては、昨日時点まで最新モデルであったiPhone6,iPhone6sシリーズと比較してサイズの小さい4インチスクリーンに「逆行」したことがあげられる。

発売当初は、「大きすぎる」「片手で操作するのに難がある」との声も大きかったiPhone6シリーズであるが、発表から2年がたった今、大型のiPhoneに慣れてしまったユーザーとしては、むしろかつてのiPhone5シリーズと同じ4インチスクリーンが不便であるように感じるという声が大きくなるという逆転現象が発生している。

機能性は抜群、ネット利用の少ない方には良モデル

機能性に関しては申し分ないiPhoneSE

4インチスクリーンへの回帰ということで、やはりiPhone6シリーズに慣れてしまったユーザーとしては画面の小ささに違和感を覚えてしまい結局敢えて買い替えに動く必要はないかもしれない。

しかし、今までiPhone5sを使い続けてきたユーザーやネット利用の少ないユーザーにとっては、現状の使用感を維持したままスペックの上がった端末に買い替えられるということで魅力的に感じれられるのではないだろうか。

特に、バッテリーの性能に関しては一度の充電でiPhoone6sと比べ2時間程度長く利用ができるようになったとも発表されており、地味ではあるが機能性は最新のiPhoneにふさわしいものとなっている。キャリアの購入補助の手厚い日本では恩恵が少ないかもしれないが、価格の面でもiPhone6sに比べてかなりお得である。

現在予約すれば4/11に入手可能

量販店を占拠するApple製品

世界中のApple信者の期待に応える最新鋭のスマホというよりは、iPhoneの進歩についていけなかったユーザーの声を汲んだ「回帰」の新モデルといった感じではある。

しかし、地味でありながら機能性と価格では大きな利点のあるiPhoneSE。そんなiPhoneSEは16GBの在庫はまだ残っているようだが、64GBに関しては現在第二出荷分の予約を全国の販売店で受付中で入手可能日は4/11以降と発表されている。